訪問診療の際、摂食嚥下障害のある患者さんに健口君をよく使います。
口腔機能の目安となる、反復唾液嚥下テスト(RSST)と、オーラルディアドコキネシスの測定が出来る機器です。
RSSTでは、嚥下運動時各回の積算時間を表示。
オーラルディアドコキネシスでは、設定時間における発音回数を自動的に測定します。
患者さんも興味をもって測定に協力してくれます。