今日10月19日(日)、午前診療の後、中央北生涯学習センターに出向き、尼崎食支援研究会主催の介護食実習に参加してきました。
石本講師により様々な身近な食材が次々と摂食嚥下困難者に優しいお料理に調理されていくのを目の前で見せていただきました。
職種により考え方やアプローチの仕方は様々ですが、利用者さんファーストで多職種連携が密になっていく必要性を実感する機会となりました。
お世話をしていただいた島袋さん・石本さん・石塚さん、ありがとうございました。