小児歯科

小児歯科小児歯科とは、永久歯が生え揃う前のお子さんを対象とした歯科治療です。
大人と違いお子さんは、歯だけでなく顎などの骨格などもすべてが成長の途中にあります。
お子さんの成長による変化に寄り添い観察しながら、一生使う歯を守っていく。それが私たちの考え方です。

治療の方針

まずは「歯医者さん」に慣れてもらいます。

お子さんにとって歯医者さんが「怖いところ」「痛いところ」になってしまっては、治療どころではありませんね。また、そのお子さんが大人になった時、子どもの頃の苦手意識がそのままで、痛みでどうしようもなくなるまで歯医者さんに行かない。なんて事になったらそんな悲しい事はありません。
まずは、お子さんが怖がらなくていい病院になること。楽しんできてもらえる事を目指しています。

子どもさんにも大人と同じようにちゃんと説明をします。

子どもは説明なんてわからないだろう。というのは大人の思い込みかもしれません。当院ではたくさんの子どもの患者さんがこられますが、「子どもさんでもわかるように」と、子どもさんの目線に立って説明すれば、大人が思っているほどわからない事はなく、むしろ「この歯医者さんはちゃんと自分と向き合ってくれている」という事を感じとってくれるように感じています。
治療は患者さんとの信頼関係の上になりたっているもの。
それは患者さんがお子さんであっても変わるものではありません。

がんばった後はご褒美を!

がんばった後はご褒美を!どれだけ慣れても、説明を聞いても、子どもさんにとって歯医者さんの治療は緊張するものかもしれません。だからこそ、がんばったお子さんはたくさん褒めてあげましょう。

お子さんの歯を守る

お子さんの歯を守るお子さんの歯を守る小児歯科では、「虫歯にならない」予防が大切です。
当院では下記のような取り組みでお子さんの歯を守っています。 

親子歯みがき指導

歯みがきは毎日できる虫歯予防の要です。
親子で楽しみながら正しい歯みがきをしていただけるようご指導します。
小学3年生までは仕上げ磨きが必要だと言われています。

CO2レーザーによる歯質強化

「歯を残す」への取り組み4:CO2(炭酸ガス)レーザー▲CO2レーザーCO2レーザーを歯の表面にあてることで、歯の質が強化され虫歯になりにくくなります。
処置は全く痛くありません。

シーラント

シーラント歯の溝は虫歯になりやすい部分の一つですが、この歯の溝にあらかじめプラスチックを充填して汚れがたまらないようにしておくことで、虫歯になる事を防ぎます。(充填に使用する素材は、虫歯治療でも使われる「レジン」という素材なので安心です。)

フッ素応用

「歯を残す」への取り組み4:CO2(炭酸ガス)レーザー▲フッ素イオン導入機▲フッ素(リンゴ味)▲フッ素(リンゴ味)生え替わったばかりの永久歯はとても弱いものですが、フッ素を歯に浸透させることで歯を強くすることができます。当院では、フッ素イオン導入機を使用しています。

PAGETOP
Copyright © 阿部歯科・矯正歯科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.