矯正歯科:中学生~成人の方

矯正治療というととにかく装置をつけているイメージが強いと思いますが、実際には装置をつける前や取り外した後にも段階があり、それぞれの段階を確実にこなしていくことが必要になります。治療途中でわからないことや不安があったらすぐにご相談ください。治療をすすめる上で何よりも大切なのは、医師と患者さんとの信頼関係だと私は考えています。

1. まずは無料相談におこしください

1. まずは無料相談におこしくださいまずはご自身やお子さんの歯の状態を正しく知ること!
お話をお聞きし、歯やあごの状況を見せて頂いて、どういった治療が必要なのか?どういった選択肢があるのか?費用はどれくらいかかりそうなのか?といったご説明をさせて頂きます。 無料ですので聞くだけ聞いて帰って頂いてもかまいません。 ※一人一人の患者さんにじっくり説明しますので、できるだけ事前にご予約をお願いします。

point!

無料相談では患者さん自身が治療方法を選んで頂けるよう、選択していただけない治療法やその理由などもご説明させて頂いております。

2. 精密検査

2. 精密検査レントゲン写真・歯型・顔や歯の写真・歯ぐき、あごの状態などの検査をします。 どうしても歯並びということで歯に気がいってしまいそうですが、実際にはあごの状態や顔全体としての骨格など全体的に見ていく必要があります。 咬みあわせは悪くないと思っていても、「本来の歯の咬みあわせのずれを、無意識にあごをずらして調整している」なんてこともあります。

point!

精密検査はとっても重要!検査してみたら、あれれ!?歯の数が多いぞ!(少ないぞ!)とか前歯だけが出っ歯だと思ったら上あご全体が前に出てたぞ!とかわかることが多いんですよ。
治療にすすむかどうかは、精密検査後に決めていただいてOKです。

3. 一般歯科の治療

3. 一般歯科の治療矯正治療に入る前に虫歯などの一般歯科の治療が必要な方も多く、そんな場合は一般歯科治療を矯正治療と平行して行う必要があります。
これは、矯正治療中に虫歯が見つかった場合も同様ですので、矯正治療を中断せずに同時進行で一般歯科の治療もしっかり受けられるのが当院のメリットの一つです。

point!

歯並びが悪いせいで歯みがきが十分にできず虫歯が多いなんて方結構多いんです。また、歯みがきの指導もしっかりさせていただきます。

4. 診断

4. 診断精密検査の結果をふまえ診断します。今後、どのような治療方法があるのか?どれくらいの治療期間が見込まれるのか?といった事を無料相談時より正確にお伝えすることができます。

point!

具体的な治療方法を決めるには、患者さんのライフスタイルも重要な要素の一つです。医師としての技術的な自己満足ではなく、患者さんの生活を反映した最善の治療を目指しています。

5. 歯並びを整える治療

5. 歯並びを整える治療成人の方、永久歯が生えそろいあごの成長が落ち着いたお子さんは、歯並びを整える治療をすすめていきます。矯正装置は数回にわけて少しずつ慣れていただきながら装着していきます。装置装着後は約1ヶ月に1回程度の頻度で、診察・調整していきます。

point!

矯正装置を一回の診察で装着すると思っている方が多いようですが、実際は何度かにわけて徐々に慣れていただきながら装着していきますので、いきなり歯を 装置でガチガチに固めてしまうわけてはありません。また、従来の矯正装置と違って写真のような装着しているのがわからないような装置(クリアアライナー) が使える場合もあります。この写真はすでに装置が「装着済み」なんですがわからないでしょう?

矯正治療にはさまざまな治療方法がありますが、たくさんの方法がありすぎて逆に理解しにくいという方も多いようです。ここでは当院でも実際に行っている治療方法の代表的なものを装置の特徴とともに簡単にまとめてみました。

装置の種類装置の種類 クリッピーC クリッピーL クリアライナー
装着場所 歯の表側(唇側) 歯の裏側(舌側) 歯全体にかぶせる
見た目 装置は見えているが歯の色に近い 装置は歯の裏側にあるために見えない 装置が透明なため気づかれにくい
違和感 違和感はすくなめ 舌に装置が当たるため違和感あり 装置の形状が滑らかなため、違和感は少ない
治療期間 短期間ですみやすい
※当院で採用のクリッピーCでは標準的な唇側矯正より短期間ですむ傾向にあります
唇側での矯正よりは期間がかかる傾向 比較的短期間
治療間隔 約1ヶ月に1回 約1ヶ月に1回 約2週間に1回

ひとことアドバイス

治りが早くコストも控えめな、歯の表側でする矯正。見た目がすごく気になるという人は、歯の裏側での矯正。取り外しが可能で気分的に気軽に取り組めるクリアアライナー。って覚えてもらえるとわかりやすいと思うわ!治療方法はどの方法も一長一短、とくにクリアアライナーは使用できない症例もあるのでよく相談して決めましょうね。

歯が動く仕組み

歯が動く仕組み1
ワイヤーで動かしたい方向へ引っ張ります!
歯が動く仕組み2
あごの骨が毎日、少しずつ作りかえられる中で、片側は引っ張られて歯根膜が伸び、一方、逆側の歯根膜は縮みます。
歯が動く仕組み3
歯根膜が伸びた部分に新しい骨ができて再生されます。一方、縮んでいた歯根膜の周囲の骨はなくなり(!)、歯根膜は縮む前の状態に戻ります。そして、歯はもとのしっかりした状態にもどるのです。歯はあごの骨が少しずつ作り変えられていく過程の中で動いていくので、歯の動くスピードには個人差があります。

クリッピーC(歯の表側での矯正)

クリッピーC(歯の表側での矯正)多くの方が矯正と言って思い浮かべるのが、歯の表側につく矯正装置だと思います。当院で使用しているクリッピーCは、デーモンシステムなどと同じセルフライゲーションシステムです。従来の治療装置に比べ治療期間が短くすんだり、患者さんの痛みが少ないなど多くのメリットがあります。特にクリッピーCは装置の色が透明、ワイヤーも白いものがあり同種の他の装置と比べても目立ちにくく、治療中に食物色素などで色がついたりもしません。この装置の優れている点は見た目だけではなく、従来の装置より歯の動きが早く、歯が動く際の痛みも比較的少ないといわれています。治療の成果や期間も満足いく方法を選びたいという方にはぜひご検討いただきたい装置です。

クリッピーL(歯の裏側での矯正)

クリッピーL(歯の裏側での矯正)一言でいえばクリッピーCの裏側(舌側)用です。セルフライゲーションシステムの優れた特徴はそのままに装置を裏側に取り付けますので、矯正装置を見られることなく治療を進めることができます。また、従来の裏側(舌側)矯正装置に比べて、診察時の処置にかかる時間が短くなりました。

アソアライナー

アソアライナー▲アソアライナー装着中アソアライナーは、取り外しが可能なマウスピースのような装置です。この装置を食事と歯みがきの時間以外で一日17時間以上装着して頂きます。また、装置自身は透明ですのでつけていても目立ちません。装置は1ヶ月ごとに歯の動きを観察しながら新しいものを制作していきます。最近テレビや雑誌でも話題ですよね。 ※アソアライナーは、対応できない症例もありますのでご注意ください。

6. 保定

6. 保定歯並びがきれいになった後は、元に戻ってしまわないように保定装置を使って維持していきます。保定装置は取り外しできますし、最初の数ヶ月をすぎれば24時間装着している必要もありません。保定は約2年間、4ヶ月に1回程度診察・調整をいたします。 保定装置をサボってつけない人がたまにいるんですが、この期間は重要でサボるとまた歯が動いてしまって今までの治療が水の泡になることも...。

point!

保定の段階ではもうすでに歯並びがきれいになっているものだから、ついつい怠けてしまうのはわからないこともないのですが、決められた期間はちゃんとつけてくださいね。

PAGETOP
Copyright © 阿部歯科・矯正歯科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.