一般歯科:虫歯治療

虫歯治療虫歯治療とは、虫歯の進行を止め、痛みを取り除き、歯の機能を回復するための治療です。

できるだけ「痛くない」治療を

「歯医者さんの治療は痛い。」そんなイメージを持っている方は多いかもしれませんね。たしかに以前は麻酔の注射自体が痛いなど「痛み」がともなうことが多かったのですが、技術の進歩で個人差はあるものの治療の痛みは劇的に少なくなりました。

「痛くない」への取り組み1:不安や緊張をさせない

「痛くない」への取り組み1痛みを大きくするものの一つに、不安や緊張といったものもあるのではないでしょうか?
当院では患者さんと治療内容について十分なコミュニケーションをとり、信頼いただいてから治療にとりかかっています。

「痛くない」への取り組み2:表面麻酔の実施

「痛くない」への取り組み2▲表面麻酔(ラズベリーの香り)痛みを大きくするものの一つに、不安や緊張といったものもあるのではないでしょうか?
当院では患者さんと治療内容について十分なコミュニケーションをとり、信頼いただいてから治療にとりかかっています。

「痛くない」への取り組み3:電動麻酔注射器の利用

「痛くない」への取り組み3:電動麻酔注射器の利用▲電動麻酔注射器麻酔の注射そのものも大きな進歩がありました。麻酔を実施するとき「注射の針の太さ」は細い ほうが、「麻酔液を注入するスピード」はゆっくりの方が、痛みが少なくなります。
しかし、人間の手で「細い針を使って、ゆっくり注入する」のには限界があります。
そこで、今は電動注射器が開発されました。「細い針でゆっくり」麻酔の注射ができるようになり、麻酔時の痛みは劇的に少なくなりました。
また、当院では1番細い針を使用しています。

「痛くない」から治療に行くのがイヤじゃない。イヤじゃないから、虫歯が悪化する前に治療ができる。
「痛くない」に取り組むことで、よい循環が生まれています。

できるだけ「歯を残す」治療を

歯は削れば削るほど「もろく」なってしまいます。削る量を最小限にし、わたしたちはできるだけ「歯を残す」治療をしたいと考えています。

「歯を残す」への取り組み1:5倍速コントラアングル

「歯を残す」への取り組み1:5倍速コントラアングル▲5倍速コントラコントラアングルとは、「キュイーン!という音がする歯を削る器具」というとすぐにイメージしていただけるのではないかと思います。5倍速コントラアングルを使うと、ブレが少ないので削る量を最小限にできます。また、「キュイーンという音があまり出ない」「振動が少ない」といったメリットもあります。

「歯を残す」への取り組み2:歯科用ルーペ

「歯を残す」への取り組み2:歯科用ルーペ▲歯科用ルーペ歯を削る量を最小限に抑えるためには、より細部を正確に見る必要があります。
そのため、当院では歯科用ルーペを使用しています。

「歯を残す」への取り組み3:フッ素イオン導入機

「歯を残す」への取り組み3:フッ素イオン導入機▲フッ素イオン導入機フッ素は、歯質を強化し虫歯になりにくい歯を作る効果があるとされています。
ただ以前は、浸透させるのに時間がかかるため、診療時間が長くかかる傾向にありました。
フッ素イオン導入機は、フッ素を塗布する場合と比べ、5倍の早さで歯に浸透させる事ができますので、フッ素を利用した予防がより身近なものになっています。

「歯を残す」への取り組み4:CO2(炭酸ガス)レーザー

「歯を残す」への取り組み4:CO2(炭酸ガス)レーザー▲CO2レーザーCO2レーザーを使うと歯の表層が硝子状の硬い組織となり、歯質が強化されます。
また、レーザーには殺菌効果があり、殺菌による虫歯予防・歯周病予防にもなります。
処置は全く痛くありません。

虫歯の進行と治療

虫歯の進行は、まったく痛みのない(自覚症状がない)ときからすでに始まっています。
定期健診で早期発見につとめれば、歯を削るような治療をせずに良いコンディションを維持でき、費用も安く、歯科医院に何回も通う必要もありません。
また、すでに痛みのある方は、今が治療を始める一番良いときです。
今後、治療の開始が遅れれば遅れるほど、痛みは増し、必要な治療回数や費用も増え、最終的には歯を失う事になってしまいます。歯は自然治癒することはありません。痛みのある方はすぐに歯医者さんへ!

C0:初期の虫歯

C0:初期の虫歯歯の一番外側エナメル質の表面が溶けはじめた状態です。
この段階ではまったく自覚症状はありません。
この段階で治療できれば、歯を削る必要さえありません!

C1:エナメル質が溶け表面に穴があいている

C1:エナメル質が溶け表面に穴があいている穴は開いていてもこの段階ではまだ痛みはありません。
この段階だと、虫歯を削って修復材を詰める治療を行います。
とはいえ、基本的に麻酔は不要なことが多いですし、治療回数も1回で済みます。

C2:穴が象牙質にまで拡大している

C2:穴が象牙質にまで拡大しているこの段階まで来ると、痛みを感じるようになります。
症状によっては、麻酔の利用や詰め物をセットする治療が必要になりますので、通院回数は2~3回になります。

C3:虫歯が神経に到達している

C3:虫歯が神経に到達している何もしないのに激しい痛みを伴うことが多いです。
神経の除去もしくは除菌する必要がありますので、治療回数は多くなります。クラウンやインレーというかぶせもの・詰め物を装着する治療が必要になります。

C4:歯の根しか残っていない

C4:歯の根しか残っていない周囲の骨、歯の根の状況などによっては歯を残す治療も可能ですが、抜歯になることもあります。
ご本人は痛みを感じなくなっていることが多いですが、放置すると骨に炎症が広がり、大変なことになる場合があります。

PAGETOP
Copyright © 阿部歯科・矯正歯科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.