ホワイトニング

ホワイトニングホワイトニングとは歯を漂白することで、白くする方法です。
ご自宅で薬剤を塗布したマウスピースを装着していただくことで、歯を徐々に漂白していきます。

ホームホワイトニングの流れ(当院で使用の薬剤の場合)

当院では、ホームホワイトニングを実施しています。

虫歯・歯周病の治療

ホワイトニング前に、虫歯や歯周病は治療しておきます。

お口の中の清掃

お口の中の清掃と検査を行います。PMTCによる汚れや歯石の除去を実施し、ホワイトニングを実施できる状態にあるかどうかを検査します。

マウスピースの作成

歯型をとって患者さんの歯の形にあったマウスピースをつくります。

マウスピースと薬剤の使い方の説明

マウスピースを合わせてみて問題がなければ、薬剤の使い方や使用方法についてのご説明をさせていただきます。

ご自宅での就寝時に薬剤をつけたマウスピースを装着(約2週間)

薬剤をつけたマウスピースはご自宅での就寝時につけていただきます。

1~2週間ごとに来院いただいてのチェック

マウスピースが変形していないか?歯の状況はどうか?
来院いただいて定期的なチェックをしながら進めていきます。

歯の黄ばみの原因について

歯の黄ばみと一口にいってもその原因にはいくつかの種類があります。

飲食によるもの

茶渋やコーヒー・ワインなどの着色汚れやタバコのヤニなどについては、PMTCによる汚れの除去で対応できる場合も多くあります。

個性によるもの

個人差として、もともと歯が黄色っぽい方もいます。ホワイトニングが有効です。

加齢によるもの

年をとると歯の表面にあるエナメル質が薄くなってきて、エナメル質の下にある象牙質の黄色が目だって見えるようになってきます。また、象牙質そのものも加齢によって色が濃くなってきます。ホワイトニングが有効です。

歯の神経が死んでしまったもの

歯の神経が死んでしまった場合にも歯が変色する場合があります。この場合は、ホワイトニングで完全に白くすることができませんので、審美歯科治療で対応することになります。

薬(テトラサイクリン)の影響によるもの

テトラサイクリン系抗生物質のお薬が原因で、歯が黄色っぽくなる場合があります。
この場合も、ホワイトニングで完全に白くすることができませんので、審美歯科治療で対応することになります。

PAGETOP
Copyright © 阿部歯科・矯正歯科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.